バスケットボールはプレイも楽しいけど、本場のNBA観戦も楽しい。

バスケットボールは、ジャンプ力があると有利

バスケはジャンプ力があるとさらに楽しめる
バスケなら、脚力を鍛えよう。

バスケをはじめるのなら、高く跳ぶことを意識しながらカラダを鍛えるようにしましょう。いつかの言葉で「小さかったら高く跳べ!」ってのがありましたが、まさにその通りなんです。

今、あなたがチビっ子でも、年齢の成長と共に身長がぐーんと伸びるかもしれませんし、その時にジャンプ力があるとプレーヤーとしてかなり武器になります。

バスケは高く跳べる活躍度が増しますし、カッコよく見えて皆が憧れるところなんです。もう引退しましたが、かつてNBAにいたM・J(マイケル・ジョーダン)のプレーは、世界の人が認めていますからよい例ではないでしょうか?垂直跳びなら、軽く90cmくらい飛べればスーパースターになれるかもしれません。

身体能力が欲しい。バスケって才能が必要だよ

バスケは身体能力が高ければ高いほど有利
バスケをしていて、才能の重要さを痛感しています。バスケって、身体能力が高ければ高いほど有利なのです。

どのスポーツも一緒だと思いますが、特にではないかと私は感じています。瞬発力も才能のひとつです。

高くジャンプできればできるほど、バスケットボール選手としては有利なのです。

バスケの神様と言われる、あの方も空中で一転二転とかわす技術も瞬発力の才能からなるものです。私は才能がないため、高く跳びたいと筋力を鍛えています。

ですが、才能があるものには簡単に負けてしまいます。簡単にリングに手が届く人たちは羨ましいですよねー。ちなみにバスケのゴールリングまでの高さは、約3メートルほどです。

筋力トレーニングが嫌い

筋力トレーニングが嫌いです。自分のために体を鍛えるという行為は正しくて、チームのためにも良いと考えるのですが、僕にとって重いものを持ち上げることがキツく、苦手な事のひとつです。

当然、ガリガリの体をしていますが、食事は大食家。

ご飯に親子丼、味噌汁にラーメン、おかずにステーキなんてくらいの大食いなんですが、まったく筋肉としては付かず、代謝がいいんでしょう。

とりあえず、何とかナチュラルな感じで筋肉としてつかないものかと悩んでおります。生まれつき筋肉質の方って羨ましいですよね。身体能力って大事ってことがわかりましたよ。ガリガリって、バスケでは損をします。

本場のバスケを観て妄想を膨らましましょう

実際に「NBA」を観るのもいいです(有料のWOWWOWチャンネルで放送していますよ!)。バスケを好きになるなら、バスケの最高峰のプレイを観れば良いと思います。

想像を絶するファインプレーのようなものが連発と言いましょうか、キレイなミラクルプレーばかりなので好きになること間違いないでしょう。

敵を蹴散らして、ダンクを決めるパワープレーヤーが好きか?ドリブルで華麗に突破して、パスを出すプレーヤーが好きか?あなたの好みがわかり、実際にプレーヤーになったときの方向性になると思います。観るのと実際にプレーするのとでは、難しさが当然ありますが自分の理想があるのは良いと思う。

残念なNBAファイナルでも、収穫あり

NBAファイナルの続きですが、ファイナルでまさかの事態が起きましたよね。

王者「マイアミ・ヒート」が、あんなにボコボコボロカスにされるとはまったく予想できませんでしたよ。

ほぼ大差のスコアで負けてしまい、マイアミは良いところがまったくなくあっさりと負けてしまいました。応援してたのに残念。

もう何年もNBAを観てきましたが、あんなにおもしろくなかったファイナルは初めてです。

相手は「サンアントニオ・スパーズ」でしたが、このチームはまとまっていて、地味ですが良いチームでした。レブロンをマークしていた、フォワードが気に入っちゃいました。カワイ・レナードに注目です。